怖い夢を見るのはなぜ?怖い夢を見たときの対処法

SnapCrab_NoName_2015-12-17_22-31-1_No-00

ほとんどの人は寝ているときに夢を見ます。

多くの夢は目が覚めてしばらくすると忘れてしまうものですが、印象深いものだと鮮明に記憶に残っていることもあります。

ただその夢は幸せなものばかりとは限りません。

怖い夢を見ると、なんだか朝から気分が落ち込むなんてことも。

スポンサーリンク

なぜ人は怖い夢を見るのか?

実は怖い夢を見るのには理由があったのです。

最近怖い夢ばかりでぐっすり眠れないという人は、私生活を見直してみると改善されるかもしれません。

今回はそんな怖い夢についてご紹介していきます。

 

怖い夢を見る人の心理状態

夢占いのように、私たちが見る夢にはそれぞれ意味があるとも言われています。

要は自分の深層心理が夢になって現れているという考え方です。

怖い夢と一言でいっても、その内容も様々です。

まずは代表的な怖い夢の深層心理についてご紹介します。

・自分が死ぬ夢や殺される夢

死ぬ夢は現実ではないと言え、気持ちは落ち込むものですよね。

ただ実は死ぬ夢と言うのは、「生まれ変わりたい」という気持ちを表しています。

つまり、がんばりたいと思っているときに見る夢と言えるのです。

怖い夢だからと言って、全てがネガティブなものではないというのがわかりますね。

・追いかけられる夢

追いかけられる夢もまた怖い夢と言われる代表的な一つです。

追いかけられる夢は、何かから逃げたいと思っているときに見る夢と言われています。

もしそういった夢をみたときは、今自分が逃げたいと思っているものはないか考えてみてください。

 

怖い夢の大きな原因は「ストレス」

自分が変わりたいと思っているときや、何かから逃げたいと思っているときに怖い夢を見るとご紹介したように、怖い夢を見るときは大きなストレスを感じているときが多いと言われています。

とは言え、現代社会ではほとんどの人がストレスを感じているのではないか?と思うところ。

スポンサーリンク

実は怖い夢を見る人と見ない人の違いは、ストレスの原因をちゃんと把握しているかどうかです。

自分でストレスに気づいていなかったり、自分の限界を超えてしまったりしているときにその不安な気持ちが夢になって現れているのです。

よく怖い夢を見ると言う人は、自分で気づかないストレスを感じているのかもしれません。

 

生活習慣を改善することで怖い夢も見なくなる?

怖い夢を見ないためには眠りの質も大切です。

夢を見るときは、眠りが浅いときというのをご存知でしょうか?

人は完全に熟睡しているときには夢を見ないのです。

つまり、眠りの質を上げることで良い睡眠がとれて夢そのものを見なくなります。

そのためにも大切なのが生活習慣です。

栄養バランスの摂れた食事をとり、十分な睡眠時間をとるだけでもだいぶ改善されます。

生活習慣が乱れているという人は、まずは生活習慣を見直してみてください。

 

怖い夢を見ても前向きに捉えることが大切

怖い夢を見ると憂鬱な気分になり、普段の生活もなんだか気分が落ち込むかもしれません。

ただ、怖い夢を見たときは何か自分自身のアラームだと思って、前向きに捉えるようにしましょう。

何か気づいていないストレスがあるのか?生活習慣が乱れていないか?など自分自身に気を配ってみるよい機会ですよ。

日々私たちが見る夢には色々な意味があります。

今日見た夢はどんな意味があるのか?と調べてみるのも楽しいかもしれません。

怖い夢を見たときはぜひ自分のためにも、自分自身のことをよく考えてみてください。

スポンサーリンク

このページの先頭へ