地震の夢にはどんな意味があるの?場所によっても違う?

SnapCrab_NoName_2016-1-18_23-23-8_No-00

誰もが今までに一度は見たことがある「」。

一度も夢を見たことがないと言う人はいないのではないでしょうか?

私たちは寝ている間にいくつもの夢を見ると言われています。

ハッキリと覚えている夢もあれば、全く思い出せない夢もあるもの。

スポンサーリンク

ただ、印象的に残っている夢はハッキリと覚えていたりするかもしれません。

そういった夢には何かしら意味があると言われています。

みなさんも「夢占い」というのを耳にしたことがあるかもしれませんね。

そこで今回は夢の中でも、地震の夢に注目したいと思います!

地震の夢にはどんな意味があるのでしょうか?

 

地震の夢は何か大きな変化を表している

地震の夢というのは、生活環境や人間関係で大きな変化があることを暗示していると言われています。

それは全てが良いものと言うわけではありません。

今の状況が大きく変わるというものなので、今が良い状態の人は悪いことがあるかもしれません。

その逆で、今が悪い状況の人は良い変化が訪れるということです。

また地震の夢はその内容によっても意味が若干異なってきます。

その違いを詳しく見て行きましょう!

 

・地震が起きても助かった夢

地震の夢を見ても自分自身が無事だった言う場合は、これから訪れる変化があっても上手くいくことを意味しています。

多少大変なことがあっても乗り越えられるということですので、そういった転機が訪れたときには勇気を出してチャレンジしてみましょう!

 

・地震が起きて死ぬ夢

死ぬ夢というとなんだか縁起が悪い気がしますが、地震だけに限らず死ぬ夢は良い夢と言われています。

死は今の状況から新しい状況に生まれ変わるということです。

あるいは、自分自身が生まれ変わりたいと思っているときです。

進学や就職など、何か大きく変化が訪れるときにそういった夢を見るかもしれませんね。

死ぬ夢だったからと言って落ち込まずに、新しい人生が始まると思って前向きに考えましょう!

 

・地震速報の夢

地震の夢の中でも、実際に地震が起きるのではなく地震速報をテレビで見ている・・・なんて場合があります。

こういった夢は、これから環境が大きく変わることを表しています。

スポンサーリンク

進学や就職などを目の前に、どこかで不安は感じていませんか?

地震速報の夢は、変化を前にしてどこか不安を感じているときに見ることが多いようです。

 

地震の夢はどこで起きたか?によっても意味が違う

地震の夢の違いを説明してきましたが、実はこれがどこで起きたか?によってもまた意味が異なってきます。

家なのか?ビルなのか?といったことによっても変わってきますので、次はそちらに注目してみましょう!

 

・家の中で地震が起きる夢

は家族や家庭内を表しています。

家庭内で何か大きな変化があるかもしれませんし、家族の誰かに変化が訪れるかもしれません。

とは言え、何が起きるのか?というのはわからないものです。

普段の会話の中で、自分が見た夢を家族に共有しておくだけでも家族は心構えができるもの。

地震の夢をあまりにも鮮明に覚えていたときは、ぜひ家族にも話してみてください。

 

・会社や学校で地震が起きる夢

会社や学校は社会生活に関わることを表しています。

転職や進学など、社会生活に関わる面でこれから大きな変化があるかもしれませんね。

また今はその予定がなくてもこれから考えた方が良いタイミング、あるいは自分がどこかで変えたいと思っている可能性もあるので、地震の夢を見たときは一度自分の社会環境をしっかり考えるきっかけと思ってみてください。

 

過去のトラウマが夢となって現れている

地震の夢には大きな変化があるという意味があるとご紹介しましたが、中には例外もあります。

それは実際に大きな地震を経験されている人達です。

そのときの恐怖がトラウマとなって、夢として現れてくることもあるのです。

そういった場合は、何か変化があるというよりは自分の心の中に地震が起きたときの不安が残っていると言えます。

実際に地震を経験していなくても、ニュースなどで深くショックを受けた人もまたこういった夢を見ることがあります。

こうした場合は、今回のような夢占いとは意味が異なってきます。

 

今回は地震の夢についてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか?

私たちが普段から見る夢は、自分でも気づかない潜在的な気持ちを表しているとも言われています。

これから大きな変化を目の前に何か不安を感じている、あるいは変化したいと強く願っていることはありませんか?

鮮明に覚えている夢はそういったことを考えるきっかけともなりますので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

このページの先頭へ